読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社労士による時事ネタコラム

奈良の社会保険労務士事務所「よしだ経営労務管理事務所」の代表です。 このブログは、社会保険労務士および集客コンサルタントの立場から、日々のニュースで取り上げられた労働、雇用問題や法律についての解説をしたり、一般人としての立場から駄文を書いたりするコラムです。

【最悪なう。】ツイッター社の初のテレビCMが最悪すぎると話題

f:id:yoshidaoffice:20151104162432p:plain

Twitterを僕はまともに使ったことがない。

一体どうやって使うのが正解なのか、よくわからないまま、何となく使いそびれてここまで来てしまった。

まあ、Twitterに限らず、Facebookなども、「俺なんかの近況をアップしたところで、誰が興味あるねん」と思うので、まともに使ったことがない。

僕と同じように、twitterの利用価値がいまいちよく分からない人も多いのか、ツイッター社の株価は下落の一途をたどっている。

そんな状況を打破しようと、ツイッター社は創業以来初めてテレビCMを流すことにしたのだが、そのCMに対して

『最悪だ』

と辛辣な声が上がっている。

 

問題のテレビCMは、ツイッター社が10月から提供を開始した新機能「モーメンツ」をPRするために制作された。

「モーメンツ」とは、大量のツイートが投稿される話題のトピックを、ユーザーが1クリックで簡単にまとめ読みできる機能だと言う。

また、ツイッター社がこのCMにかける想いは強く、『伝説のCM』といわれるアップルの「1984」を手がけた制作陣に依頼された。


Apple - 1984 - YouTube

 

しかしである、このツイッター社の社運をかけたCMの出来があまりにもチープで、CMを見た人々から口々に

『最悪ww』

『は?どういうこと』

『もうTwitter使うのやめるわ』

と嘲笑や批判の声が噴出しているという。

 

その話題のCMがこちら。↓


Post Season - YouTube

 

このCMが持つチープ感やカオス感は、今流れている日清カップヌードルのCMと同様で、明らかに狙ったものであり、批判する事自体『ネタにマジレス』的な無粋なものに思えるのだが、どうだろう?

今や、twitterをわざと炎上させて、宣伝に利用する手法も多く用いられているが、本家本元のツイッター社のCMを、あえて

『twitterのCM、クソ過ぎ』

『最悪のCMなう』

などと炎上させる狙いで作成したものであれば、さすが『伝説のCM』の製作陣。ブラックユーモアが効き過ぎだぜ!ということろなのだが、はてさて。

 

 

  当事務所のホームページはこちら↓

大阪 奈良 社労士|「よしだ経営労務管理事務所」