読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社労士による時事ネタコラム

奈良の社会保険労務士事務所「よしだ経営労務管理事務所」の代表です。 このブログは、社会保険労務士および集客コンサルタントの立場から、日々のニュースで取り上げられた労働、雇用問題や法律についての解説をしたり、一般人としての立場から駄文を書いたりするコラムです。

【1分でわかる】村山談話って何?村山談話は本当に悪か?

f:id:yoshidaoffice:20150807125504j:plain

戦後70年にあたる今年、終戦記念日の前日にあたる14日に発表される安倍首相の『談話』に注目が集まっています。

『村山談話』以降継承されて来た、先の戦争に対する『おわび』という文言を入れるかどうかが問題となっているのは何となく知ってるけど、そもそも『村山談話』ってなんなの?

なんで『村山談話』ばかりがそんなに取り上げられるの?

では今回は『村山談話』について見ていきましょう。

 

村山談話とは

まず、『村山談話』とは、戦後50年の節目にあたる1995年8月15日に、当時の内閣総理大臣であった村山富市氏が閣議決定して発表した談話のことです。

では、『村山談話』以前に政府の公式の歴史認識としての『談話』はあったのかというと、実はこれがなかったんですね。

『村山談話』以前は、閣僚がそれぞれ、自分の見解で歴史認識について発言していたため、その発言の責任を問われ、辞職に追い込まれるということもあったわけです。

そこで、戦後50年の節目に、日本政府としての公式の歴史認識として出されたのが『村山談話』なのです。

この『村山談話』で日本政府として初めて、第二次世界大戦中にアジア諸国で侵略や植民地支配を行ったことを認め、公式に謝罪しました。

まあ、この『村山談話』の成立過程については、色々と問題も取り沙汰されていますが、それはここでは置いておきます。

 

村山談話発表当時の反応

この『村山談話』の発表当時、僕は浪人生でしたが、世間の反応としては、さほど大きくなかったように記憶しています。

僕たちの世代は、小さなころから、『日本は戦争で、アジアの人たちに酷いことをした』と擦り込まれてきましたので、

「まあ、悪いことしたんなら謝るのは当然だよな」

という感じで、特に違和感を持ちませんでしたし、問題の中国や韓国の反応としても、

「謝罪にもなってない。そんな発表ぐらいじゃ許さないから!」

と、まあいつも通りの反応でした。

ただ、少し意外だったのは、中国や韓国以外の他のアジアの国々からは、

「何で日本が謝る必要があるの?日本のおかげで俺たち欧米の支配から解放されて、独立できたんだぜ」

という反応があったことです。

 

 

男は黙って。。。

そこで、歴史を自分なりに調べて見ると、確かに大戦中に日本が南シナ海周辺の国々を侵略したのは事実ですが、欧米諸国に植民地化されて酷い目にあっているアジアの国々から、欧米諸国を追い出し、アジアを自分たちの手に取り戻すという「侠気」溢れる理由があったこともわかりました。

まあ、本当の事は知るすべもありませんが、日本のおかげで、欧米諸国に苦しめられていたアジアの国々が、「解放」され独立することが出来たのは事実ですし、それらの国々の多くが、現在でも日本に対して「好印象」を持っていることも事実です。

しかし、言いたいことは沢山あるけど、実際に日本のせいで傷ついたという人もいるわけだし、ここは男らしく、黙って頭を下げる。

見方によっては、『村山談話』はそんな侠気溢れる『談話』とも取れたわけです。

 

中国と韓国に利用された『村山談話』

しかし!この日本の謝罪をいいことに中国や韓国は

「あ、謝ったよね? 今、謝ったよね?? 認めるんだ?、悪いことしたって認めちゃうんだー。」

「んーーー、じゃあこれからも、俺たちが困っているときは、色々と助けてもらうからねん。だって、悪いことしたんだもんねー。」

「まあ、何をやってもらっても、結局、許さないんだけど♡」

と、日本に更なる謝罪と見返りを求め、さらに自国の国民達の政治に対する不満を反らすため、日本を悪者に仕立てる道具として『村山談話』を利用した訳です。

 

「兄貴ィ。。俺もうこれ以上我慢できません。。。」

「耐えるんじゃ!男は自分のやったことの落とし前はきっちりつけんといけんのじゃ」

「しかし兄貴!あいつら兄貴が何も言わんのをええことに、あることないこと言いたい放題のやいたい放題じゃ!」

「耐えるんじゃ。。。耐えるんじゃ。。。」

と、兄貴こと日本は『忍』の一字で今まで、耐えて来ました。

 

ほんまこのままでええんですかい?兄貴!

結果的に『村山談話』のせいで、日本が苦しい立場に追い込まれ、『村山談話』が悪者になっていますが、個人的には『村山談話』自体は、色々と言いたいことはあるが、言い訳をしない、男らしい謝罪だったと思います。

しかし、当時の状況と比べて、日本と中韓の関係はとても悪くなってしまっています。

結局、黙って頭を下げ続けるだけではダメだったいうことです。

そろそろ、兄貴から

「これだけ謝っても駄目やゆうことですか。。。

 あんまり舐めくさった真似さらすなやぁ、ゴルァ!!!!

と、いうセリフが出ても良いのかも。

そんなことになったら、色んな問題は置いておいて、日本人としてはシビレてしまうかも!!

 

当事務所のホームページはこちら↓

大阪 奈良 社労士|「よしだ経営労務管理事務所」