読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社労士による時事ネタコラム

奈良の社会保険労務士事務所「よしだ経営労務管理事務所」の代表です。 このブログは、社会保険労務士および集客コンサルタントの立場から、日々のニュースで取り上げられた労働、雇用問題や法律についての解説をしたり、一般人としての立場から駄文を書いたりするコラムです。

フランスで発生した同時テロについて

週末になんともやりきれない事件が起きた。

言うまでもなく、フランスのパリで発生した同時テロのことだ。

テロは市内のレストランや劇場、郊外の競技場など計6カ所で起きた。

レストランでは自動小銃が乱射され、競技場では自爆テロによる爆発が起き、劇場では人質をとって立てこもった3人の犯人を治安当局が射殺したが、ロックコンサートを見ていた観客、約80人が犠牲になった。

このテロによるケガ人は250人以上、死者は130人とも報道されている。

テロの実行犯は、過激思想を持つフランス人の他、シリアからの難民を装って入国したと見られる人物も含まれる。

フランスのオランド大統領は過激派組織『イスラム国』による戦争行為だと非難し、イスラム国もまた、『攻撃は、フランスの軍事行動に対する報復である』と犯行声明を出した。

フランスは米国とともに、シリアやイラクでの『イスラム国』に対する空爆攻撃に参加しており、この行為に対する報復を目的としたテロとの見方が有力である。

あまりにも、卑劣で痛ましい事件であり、何と言っていいのか言葉もない。

しかし、この事件に対する世界の反応は様々である。

「ほら見たことか!!移民なんて受け入れるからこんなことになるんだ!!移民受け入れ絶対反対!!」

というように、問題の根本をすり替えた持論を展開する人や、

Facebookのプロフィール写真をトリコロールカラーにする人と、逆にそれに対して、「ケッ!いけ好かねえ!!」と非難する人。

「次は我々の国が標的にされる!!!」と恐れ戦く人々。

皆間違ってはいないが、どこかピントがずれている気がする。

元々は、アフガニスタンとイラクという小国間の争いに、世界平和の大義名分の元、自国の都合のためにアメリカが介入したことが元凶である。

イスラム国を排除したところで、シリアやウクライナなど、小国の紛争を利用した大国間の代理戦争が続く限り、必ず同様の悲劇が繰り返される。

人間のエゴがある限り、争いがなくなることはないのだろうか。

ただ、エゴがあるからこその発展もある訳で、考えれば考えるほど、本当にやりきれない気分になる。

しかしながら、ただ純粋にシンプルに、今回の事件に心を痛め、犠牲になった人達の為に、いったい自分に何が出来るのかを必死で考え、出来ることをしたいと思う、その想いや考えは、世界中で共通しているのではないだろうか。

僕自身、自分に何が出来るのかを足りない頭で考えたいと思う。

 

犠牲になられた方々とそのご遺族に、謹んで哀悼の意を表しますとともに、負傷された方々とそのご家族に、心よりお見舞いを申し上げます。