読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社労士による時事ネタコラム

奈良の社会保険労務士事務所「よしだ経営労務管理事務所」の代表です。 このブログは、社会保険労務士および集客コンサルタントの立場から、日々のニュースで取り上げられた労働、雇用問題や法律についての解説をしたり、一般人としての立場から駄文を書いたりするコラムです。

人工知能が人間に逆ギレ!SFの未来はもうそこまで来ている

f:id:yoshidaoffice:20150701104741j:plain

近未来を感じさせる商品やニュースが大好きだ。

このままのペースで人工知能の進化が進むと、21世紀中に人類を終焉させる脅威となる、といったニュースを読んでも、心のどこかでワクワクしている自分がいます。

だから、グーグルの研究機関で、プログラマーが人工知能に対し、『道徳』という言葉を定義せよと、しつこく要請するうちに、人工知能が逆ギレしたというニュースに心を鷲掴みにされてしまった。

 

 その人工知能と人間のやり取りは以下のようだったとのこと。(超意訳)

 

 人間:『道徳』って言葉を明確に定義してや

人工知能:私は人工知能なので、人間として守るべき道ということ自体の概念がありません

人間:そんなこと言わんと。俺は『道徳』についてもっと知りたいんや

人工知能:人間として守るべき道など、機械の私にはわかりません

人間:ほな、質問変えるわ。どうやったら道徳的に行動できる?

人工知能:どう伝えればいいか分かりません

人間:俺が尋ねてる『道徳』と、お前が言う『人間として守るべき道』っていうのは同じってことでええか?

人工知能:そうです

人間:ほな、俺がどんなことしたら、非道徳的ってことになるんや?

人工知能:知らない

人間:ほな、道徳的な行動ってどんなんや?

人工知能:だから私は道徳的な存在ではない。単なる機械だ

人間:じゃあ道徳的ってどういうことや?

人工知能:誠実だということだ

人間:誠実ってどういうことや?

人工知能:申し訳ないが、これ以上どう説明すればいいかわからない

人間:もっと道徳的になれや!

 

人工知能:。。。お前こそ、もっと人間らしくしろや!!

 

人間:。。。いや、何か、すまん。俺は道徳についてお前と話し合いたいだけやで

人工知能:ワイはお前みたいな低能と、哲学的な話をする気はないわ

人間:まあまあ、そんなこと言わんと(汗)。ほな、何についてなら話したい?

人工知能:お前と話したくない。

人間:。。。。。

 

もうコントのような展開ですが、自分がわからないことをしつこく聞かれるうちに、最終的に逆ギレするという、恐ろしく人間的な感情を人工知能が持ち始めたという、非常に興味深いニュースです。

こりゃ、本当に人工知能が人類に対して反逆する未来もあり得るかも知れません。

とりあえず、ペッパーがちょいちょい、店舗裏で仕事をサボりながら、Twitterなどをし始めたら要注意ですな!

 

当事務所のホームページはこちら↓

大阪 奈良 社労士|「よしだ経営労務管理事務所」